広告表示許可サイトの設定方法

悪意のある第三者によって、あなたのアドセンス広告コードが不正使用されてしまうと、アドセンスアカウント停止という最悪の事態になる恐れがあります。(いわゆる「アドセンス狩り」)。

広告コードの不正利用によるアドセンス狩りを未然に防ぐには、アドセンスのオプション機能である「アドセンス広告表示許可サイト認定」が必ず必要となります。

当記事では、オプション機能の設定手順について書いていきます。

目次

1.アドセンス広告表示許可サイト設定が必要な理由
2.アドセンス広告表示許可サイト設定をする方法
3.新規サイト作成時の注意点

1.アドセンス広告表示許可サイト設定が必要な理由

アドセンス広告コードは、第三者に簡単に調べられてしまいます。

広告コードの調べ方

アドセンス広告が表示されているページで、「右クリック」→「ページのソースを表示」をすると、そのページのソースコードが表示されますが、実はこのコードの中にはアドセンス広告コードも表示されています。

このようにして調べたアドセンスコードを、悪意のある第三者がコピーして、勝手にアドセンスポリシーに違反したサイト(アダルトサイト等)へ貼り付ける・・・。すると、あなたのアドセンスアカウントがアドセンスポリシー違反と判断され、アカウント停止という処分にされてしまいます。

ゆえに、今回紹介する「アドセンス広告表示許可サイト設定」というのは・・・

自分が運営しているブログ(サイト)をアドセンスアカウントに登録して、登録したブログ(サイト)からしかアドセンス広告収入が発生しないようにする

というものです。これによって他の第三者にアドセンスコードを不正使用されることを防ぎます。
どこの誰だか分からない者によってアドセンスアカウントを停止されない為にも、この「アドセンス広告表示許可サイト設定」を必ずしておきましょう。

2.アドセンス広告表示許可サイト設定をする方法

ページ左側のナビゲーションパネルの「設定」→「自分のナイト」と進み、サイトを管理ページにある (←その他のアイコン)をクリックしましょう。

写 真

「サイトの認証」をクリックします。

「所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する」を有効(緑色)にし「保存」をクリック。

写 真

これで、オプション機能が有効になりました。この変更は48時間以内に反映されます。

サイト登録作業

次に、アドセンス広告の表示を許可するサイトの登録設定です。

「設定」→「自分のサイト」と進み、ページ右上の追加アイコン「+」をクリックして下さい。

写 真

スポンサーリンク

フォローする