第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 池田裕楽 STU48 優勝!

AKB48グループの歌唱力NO・1メンバーを決める「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の決勝大会が1日、東京・TBS赤坂ACTシアターで行われ、初参加のSTU48池田裕楽が初優勝した。

優勝者発表の瞬間、驚きのあまり右手で口を押さえ、涙を流して「ありがとうございます。信じられないです」と首を横に振った。トロフィーを渡され、「本当に思ってもみなかったんですけど。今まで歌が好きってことだけを思って歌ってきたんですけど、こうやって私の歌をいろんな方に聴いていただける機会があったのが、すごくうれしいです。ありがとうございます」と感謝し、泣きながら頭を下げた。

イベント終了後、報道陣の囲み取材に応じた。「こんなたくさんのカメラが向けられていることなんてなかったので、夢のような感覚です」と話し、ファンへの感謝も述べた。

STU48加入約1年での快挙となった。「これまで、歌がうまいねと言われたことはあっても、何かに優勝したりすることもなかった。でも今回、優勝というものをつかめたので、これからの自信にもつながったと思います」と笑顔を見せた。

優勝のご褒美として、秋元康氏プロデュースのオリジナルソロ曲が与えられる。秋元氏のイメージを聞かれ、「男の方で、赤いメガネで…偉い人です」と答え、笑いを誘った。

2位は第1回大会優勝者のSKE48野島樺乃、3位はAKB48とSTU48を兼任する岡田奈々となった。また、池田をはじめ、今大会のファイナリスト9人によるオリジナル楽曲の制作とリリースが決まったことも発表された。

池田裕楽の歌唱力

池田裕楽の歌唱力は以前から定評があるのだが、実際にこれは聴いてもらった方が早いと思う。

僅か16歳のアイドルの卵が、これほどの伸びとハリのある美声を小さな身体から出すのだから、相当、普段からトレーニングをしていると思われる。

幼い頃からの訓練の賜物であることが、今回、披露された歌を聴いても分かるくらいだ。

さらにインターネット有志が紹介している池田裕楽の歌唱力の証明ともなるコンテンツも紹介させていただこう。

これは末恐ろしいことになると思わないだろうか?

AKB48の面々は、彗星のように現れて時の人となった池田裕楽に畏敬の念を敢えておぼえるようにならなければ、いけないだろう。

有終の美を飾った彼女は、これから、瀬戸内の歌姫として全国に羽ばたく!

池田裕楽プロフィール

2004年2月8日に広島県で生まれた16歳のAKB48グループのSTU48研究生である。

ニックネームは『いけだちゃん』として公式からアピールされており、ファンの間でも定着している様子。

身長は152㎝と小柄であるが、靴のサイズは23㎝と少々、アンバランスなところもある。(本来はもっと小さくてもいいはず)

血液型はAB型であり、地元で行きたい場所として瀬戸内のエンジェルロードを挙げている。

特技は暗算と口の中に入れた飴を早く噛み砕くという、少々、変わった行為を特技としていようだ。

趣味はお出かけとしており、好きな食べ物は肉と辛いもの。

ペンライトカラーは青と白であり、それはプロフィール画像にもしっかりと反映されている。

2020年12月1日、赤坂ACTシアターで行われた【AKB48グループ歌唱力No.1決定戦】で見事、優勝をつかみ取り、歌唱力女王に輝いた。

今大会のファイナリスト

1位 池田裕楽(STU48)
2位 野島樺乃(SKE48)
3位 岡田奈々(AKB48/STU48)

山内鈴蘭(SKE48)
矢野帆夏(STU48)
三村妃乃(NGT48)
秋吉優花(HKT48)
古畑奈和(SKE48)

審査員特別賞
山崎亜美瑠(NMB48)

本舞台の裏側に密着したドキュメンタリー特番は、2021年1月にCS放送TBSチャンネル1で放送。ファイナル歌唱審査に進出した8人と、審査員特別賞に選ばれたメンバーが1人が出演する『ファイナリストLIVE』も開催される予定だ。