乃木坂46 初の東京ドームコンサートを11月に開催!AKB48より早く、生駒感涙

アイドルグループ・乃木坂46が、7月2日に、全国ツアーの東京・神宮球場で「乃木坂46〝真夏の全国ツアー2017”」を行い、同ツアーの追加公演として乃木坂初の東京ドームコンサートを11月に2日間開催することを発表した。

ドーム公演は、2015年2月の西武ドームに続いて2度目。
公式ライバルのAKB48が、目標としていた初の東京ドーム公演まで結成から約7年を要したのに対して、乃木坂は約6年での到達となった。

ステージ上でサプライズが発表されると観客のファン4万人から大歓声を浴びた、生駒里奈(21)は、「すっごい広いんだよ。あそこにこのメンバーでやっと行けると思うと、グッっと来るものがある」と感涙にむせんだ。

恒例の明治神宮野球場ライブは4年連続で、2日間ちょうど46人全メンバーでパフォーマンス。 計8万人を動員。チケットは即日完売し、バックステージ席も販売された。

2日目となるこの日は、舞台「レ・ミゼラブル」出演のため初日に不参加だった生田絵梨花さんも加わり、フルメンバーの46人が勢ぞろい。3期生から2期生、1期生の期別ごとにステージを行い、最後に全メンバーが集まって、「裸足でSummer」や「太陽ノック」などダブルアンコールを含むのべ42曲を歌い上げた。

3期生と2期生のステージの後に登場した1期生の白石麻衣さんは「(後輩に)負けてられないです。(ライブが)楽しくて仕方ありません」と話し、西野七瀬さんも「みんなの顔を見ていると(乃木坂46の)初期のころを思い出してじわーっとする」と続け、秋元真夏さんは「私的には一番の夏の思い出を作りたい」とツアーの意気込みを語った。

またアンコールでは、バナナマン・日村勇紀(45)がアイドルキャラ・ヒム子に扮しサプライズで乱入して、シングル曲「インフルエンサー」をコラボ。6月28日に行われた「テレビ東京音楽祭2017」と同様に見事なダンスを披露した。

完璧なダンスも披露した日村は「汗かいたから、皆でお風呂にいきましょう」と”混浴”に誘うも、生田絵梨花(20)から「やらしい目で見ないで!」と拒否されていた。

真夏の全国ツアー2017は、神宮球場を皮切りに、仙台のゼビオアリーナ仙台で8月11日~13日、大阪市の大阪城ホールで16日~18日、名古屋市の日本ガイシホールで22日~23日、新潟市の朱鷺メッセで10月8日~9日にそれぞれ開催される。14公演で18万人の動員を見込む。

11月に行われる乃木坂46の東京ドーム公演が非常に楽しみである。チケット争奪戦は、必死である。

スポンサーリンク

フォローする