胃がんで無駄死にしない技術

胃がんの99%がピロリ菌の感染です。
WHO(世界保健機構)では、いまから20年以上前の1994年に「ピロリ菌は胃がんの原因である」と認定した。2014年にはピロリ菌除菌に重点をおくべきだと発表している。
しかし、日本では「ピロリ菌が胃がんの原因である」という事実の認知度が、あまりにも低い。それに、私は警鐘を鳴らします。
ピロリ菌とは?
ピロリ菌(ヘリコバクター)は、胃の粘膜にすみつく細菌です。
本体の長さは、4ミクロン(4/1000)で、2.3回、ゆるやかに右巻きにねじれている。
一方の端には、「べん毛」と呼ばれる細長い「しっぽ」(べん毛)が4~8本ついていて、くるくる回しながら活発に動きまわる。ヘリコバクターピロリ菌とは、強酸という過酷な環境である胃の中に棲むことができるユニークな細菌です。1982年に、オーストラリアのバリー・マーシャル(微生物学者)とロビン・ワーレン(病理学者)が発見しました。2005年マーシャル先生たちは、この業績によりノーベル賞を受賞しました。
感染の原因
口から口、糞から口、飲料水から口へ
ピロリ菌は、ほとんどが幼児期に感染するといわれている。幼児期は胃の中の酸性が弱く、ピロリ菌が生き延びやすい為母から子へなどの家庭内感染がおこる。下水道が十分に普及していなかった時代の人、1970年代の人はピロリ菌感染率は高く、10代20代の人は欧米とかわらない。ネパールやチリ、インドでは、井戸水から培養できたという報告がある。ガンジス川などはピロリ菌の宝庫で、インド人の感染率は高く、20代の人の9割以上ピロリ菌を保持しているそうだ。
中学生くらいで除菌しておく方がよい
ピロリ菌についていえば日本では、中学生で検査・除菌を行うべきだ。なぜなら40歳代以下の若い人も、年間1000人以上が胃がんで亡くなっている。それを改善するためには、50歳から始まる胃がん検診で対策しているだけでは意味がない。主な感染原因は親から子への感染なのだから親になる前に確実に除菌することが重要である。
幼少期では体が小さく大人と同じ治療を行うことは出来ないし、妊娠、授乳期の人は除菌したくても、抗生物質が飲めない。それに年齢がたてばたつほど、ピロリ菌も抗生物質への耐性を獲得して強くなってしまい、ちょっとやそっとじゃ除菌できなくなる。
どんどんゴキブリが殺虫剤で死ななくなっているのと同じようなものだ。大人になってから除菌しようとしても、なかなか上手くいかないこともあるという。
スポンサーリンク

フォローする