乳ガンに抗がん剤を使うとガンの転移を促進する

乳ガンに抗がん剤を使うとガンの転移を促進する

乳がんに抗がん剤を使ってはいけない理由が確認されました。
お金を払って苦しんでまで悪化させる必要性は、ない。




ネオアジュバント化学療法は、TMEM媒介機構を介して乳癌の転移を誘発する

乳癌は最も一般的な腫瘍型の1つであり、
転移はこの疾患による死亡リスクを大幅に増加させる。
血管内への細胞の侵入または侵入の過程を研究することにより、
Karagiannisらは、 腫瘍細胞を死滅させることに加えて、化学療法治療もまた、
血管内挿を増加させることができることを発見した。

転移の腫瘍微小環境(TMEM)として集合的に知られている細胞群は、
脈管構造に入る腫瘍細胞のゲートウェイとして働くことができ、
いくつかのタイプの化学療法が血流中のTMEM複合体および循環腫瘍細胞の量を
増加させることができることを発見した。
研究者らはまた、リバスチニブと呼ばれる薬物がTMEM活性を妨げ、
癌細胞の蔓延のリスクを克服するのを助けることができると判断した。

乳癌細胞は、転移の腫瘍微小環境(TMEM)と呼ばれるTIE2 / MENACalc /
MENAINV依存性癌細胞の血管壁形成部位を介して広がり、
乳癌患者の転移の予後マーカーとして臨床的に立証されている。
PyMTマウスモデルおよび患者由来異種移植片の固定組織および生体内画像化を用いて、 化学療法がTMEM部位およびMena発現の密度および活性を増加させ、
遠隔転移を促進することを示す。

さらに、ドキソルビシン+シクロホスファミド投与後の
ネオアジュバントパクリタキセルで治療された患者の残存乳癌において、
TMEMスコアおよびその機械的に連結されたMENAINVアイソフォーム発現パターンは
両方とも増加し、腫瘍サイズの減少にもかかわらず
化学療法は転移播種のリスクを増加させる。

化学療法誘発TMEM活性および癌細胞播種は、TIE2阻害剤リバスチニブの投与
またはMENA遺伝子のノックダウンのいずれかによって逆転された。
我々の結果は、TMEMスコアが上昇し、MENAアイソフォームの発現パターンが
化学療法に伴って変化し、化学療法に応答して前胸腺の変化を予測するのに
使用できることを示す。
さらに、TMEM機能の阻害剤は、ネオアジュバント設定または転移性疾患における
化学療法の臨床利益を改善し得る。

管理人まとめ

こういった研究論文は、日本では絶対に流されないように封鎖されるであろう事が考えられます。抗がん剤を売るためです。
これは、きわめて重要なポイントです。
抗がん剤によって、ガンの転移が促進されるのであれば、患者はたまったものじゃありません。

生存の最後の頼みの綱である 免疫力 をズタズタにされた挙句、転移までさせられちゃうとしたら・・・
あまりにも酷い話です。しかも、多額のお金まで取られる。

今や、日本の国民は危機的状況であるという認識が必要です。

スポンサーリンク

フォローする