中国は、世界最大の潜水艦建造工場を建てている

2017年4月26日、環球時報(電子版)は、「中国の秘密兵器は国産空母だけではなかった。潜水艦建造工場が憶測を呼んでいる」と題する記事を掲載した。

中国初の国産空母の進水式が同日午前、遼寧省大連であった。大型兵器として空母は大きな注目を集めているが、中国が持つ秘密兵器はほかにもある。米国メディアによると、中国は現在超大型の潜水艦建造工場を建設中。完成すれば原子力潜水艦を4隻同時に作ることが可能になる。

また、中国メディアは新型中距離弾道ミサイル「東風快逓」の戦闘能力が向上し、「対空母攻撃を行う爆撃機、潜水艦、駆逐艦などの世代交代も進んでいる」と伝えている。

米科学誌「ポピュラー・メカニクス」によると、中国は現在世界最大の潜水艦建造工場を建設している。事業主体は渤海船舶重工で、建設地は遼寧省南西部の葫芦島市。敷地面積は約43万平方フィート。完成後は2つの生産ラインで、原子力潜水艦を4隻同時に建造できるという。中国メディアは「完成すれば軍事愛好家やスパイ衛星の標的になるだろう」と伝えている。

しかし、同工場の完成が潜水艦建造において中国が米国より優位に立ったことを示すわけではない。米海軍は毎年2隻の潜水艦を建造する計画で、1隻あたり約3年で完成させる。同時に6隻の建造が可能で、規模やスピードは中国をしのいでいる。

スポンサーリンク

フォローする