米国が戦争を行うと莫大な金が儲かる仕組み

アメリカの戦争をみると、軍隊と軍需産業がある。
軍隊と軍需産業は密接に近い関係にあるが、ぜんぜん違う。
軍需産業は、巡航ミサイルをどんど作って軍隊に送るわけです。
軍隊は、それを訓練や実践で使うわけです。

ある巡航ミサイルを100発作るとすると、30年間戦争がないとすると、軍需産業は30年間何も作らないわけです。

巡航ミサイルを作るとすると、いろんな装置、工程が必要である。
それでミサイルを100発作った。戦争が近かったので、それを使う予定だった。
しかし、政治的にうまくいって巡航ミサイルを使わずに済んでしまった。そうすると、
その古い巡航ミサイルを抱えたままになってしまうわけです。

軍需産業には矛盾というのがある。常に、軍需産業は戦争をしてほしいわけです。
例えば、今から30年前につくった命中精度の悪いミサイルをどんどん軍隊に使ってもらって、そのミサイルがなくなってしまわないと困るわけです。

この前、シリアが科学兵器を使ったという理由で、トランプが、シリアに対して巡航ミサイルの攻撃を行った。シリアに59発を撃って、ミサイル26発の巡航ミサイルが命中した。というニュースがあった。

これは、古い巡航ミサイルを使い捨てたかったのです。

9tTNT火薬を積んだ人類史上最大の爆弾、全ての爆弾の母。とマスコミで大きく騒がれた爆弾、あれは、過去に二回使われている。 一回がイラク戦争の前のデモンストレーション、
二回目が今回のアフガニスタンで、デモンストレーションで使われた爆弾です。

どうしてデモンストレーションなのか?というと、このミサイルは使いものにならないのです。普通の爆弾は、飛行機の下を開けて、すぐに落とせるわけです。

例えば3トンのTNT火薬を積んでいる爆弾だとしますと、3トンの爆弾は爆撃機から出せばいいわけです。
しかし、9トンの爆弾だとあまりに大きいので飛行機の後ろを開けてパラシュートで爆弾を出さないといけないのです。ですから、まったく実戦的ではないのです。

ですからこれは研究費を回収しないといけないし、爆弾の製造費用を回収しないといけないからこれらの爆弾を投下したのです。

なので戦争を見る場合には、”軍隊は戦争をやりたくないのです”。軍隊が戦争をやりたくない理由は、軍隊は自分が死ぬからです。それと、戦争作戦どおりいかなかった場合に責任を問われるからで、自分の任務が果たせないからです。
しかし、それを回避するには、圧倒的な軍事力の差があればいいが、軍事力が僅差の場合もあるわけです。

軍隊は訓練ばかりやってて、一生戦争がないことを望んでいるのです。

それでは、軍需産業が困ってしまうので、軍需産業が戦争をしろというのです。

日本の軍隊も戦争をしたがらないのです。必ず死ぬのは、軍人だからです。しかし、その後ろで意図を引いている軍需産業は、戦争をしてほしいわけです。

その最たる例がアメリカです。

アメリカの前大統領のオバマは、軍需産業の要求にある程度こたえてきた。

アラブの戦争とは、アメリカがちょっかいを出して、各地で内乱を起こして各地で武器を売る。ということを 目指したのではないかと予想が出来る。クリントン夫婦が、金持ちなのは、軍需産業との関係が濃厚だからです。

軍需産業は、兵器を売らなければ自分が倒産してしまう。そういう構図があるのです。

北朝鮮は、軍需産業から見ればしめたものなのです。軍需産業は、兵器を売らないと儲からないです。 軍需産業は、常に新しい兵器を売らなければならないのです。ゆえに、戦争をしたがるのです。

軍隊は、自ら戦争したがってると思うのだがそうではないのです。ここのところが、国際情勢を見ていくことの重要点です。

軍需産業はいつでも戦争をしたがる。いつでも戦争をしたがるのは、軍需産業とメディアと大衆が戦争。軍需産業とメディアと大衆が戦争をしたがる。日本の大東亜戦争でも、一番戦争をあおったのが朝日新聞、そのあおりに乗ったのが大衆、しめしめと思って飛行機を大量につくったのが軍需産業、最後まで戦争が嫌だと最後の午前会議で多分負けるんですけど仕方ないですけどやりますと言ったのが軍隊。これは現在でも同じ。

ニュースを見るときには軍需産業とそのさらに後ろにいる金融を見ることが大事である。戦争は、軍需産業とお金を扱っている金融が起こしてると言っていい。それが、軍隊をくれみのにしているところに注意して見なければならない。

スポンサーリンク

フォローする