世界初「すべて無料」のスーパー 値札なし、レジもなし

大手スーパーなどが売らなくなった食品が並ぶ店内。ロニ・カーン最高経営責任者(上)は食品ロスについての意識を高めたいという=シドニー

オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーがオープンした。賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を大手スーパーなどから譲り受けて提供する。まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。

【写真】客は選んだ商品への支払いは求められず、自分の意思で寄付ができる。専用の箱(左)には「1豪ドル(約83円)の寄付で2人分の食事が届けられます」とある=シドニー、

シドニー南部の「オズハーベストマーケット」。約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。

運営するのは、2004年以来、国内各地で支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」。ロニ・カーン最高経営責任者が「これを見て下さい」と見せたのは賞味期限まで4日あるヨーグルトだ。大手スーパーではもう売れず、引き取った。こんな食品ロスの問題について「理解を深めてほしい」と言う。客にはスタッフが個別に付いて、説明をしながら選んでもらう。

開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーはデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。

スーパーの客には代わりに寄付をお願いしている。開店から5週間で2万豪ドル(約170万円)が集まった。寄付は団体の食事提供事業の費用にあてられる。客のジェニー・モーガンさん(42)は野菜やビスケットを手に「十分食べられる。困った人たちの手助けもしたい」と話した。

日本では、作っても小売りに納品出来ない野菜などは大量に廃棄したり、売れ残った食品は数十トン単位で廃棄したり、大量仕入れ、売値は最低価格で売るというデフレ(悪循環)を引き起こしている。これを解決するためにも、この「無料スーパー」の日本への導入は押し進めるべきではないだろうか!

ある一定数この無料スーパーを各都道府県に導入し、そこで競わせると、北海道、新潟、鹿児島などの耕作地はすごいことになりそうである。

スポンサーリンク

フォローする