中国公船 青森沖の領海初侵入

中国の公船が、前回の尖閣諸島沖、九州北部初侵入に続き、今度は青森県沖の日本の領海内に、初めて侵入した。
第2管区海上保安本部によると、17日午前8時すぎ、青森県艫作埼沖の日本の領海に、中国公船2隻が侵入するのを、海上保安部の巡視船が確認し、無線で領海から出るよう呼びかけ、監視を続けていたところ、中国公船は、およそ1時間30分に領海を出た。

しかし、それからおよそ2時間後の午前11時45分ごろ、同じ中国公船が、再び青森県龍飛埼沖の領海に侵入し、2隻はおよそ3時間半後に領海を出た。

この海域で、中国公船の日本の領海内への侵入が確認されたのは、初めてのこととなる。
この2隻は15日、対馬や沖ノ島でも、領海に侵入していたという。
ただ、各国の船舶は、沿岸国の安全を害さなければ、領海を通行できる、無害通航権が国際法で認められている。

今回、外務省は、中国への抗議は行わず、外交ルートを通じて、航行の意図を確認する。
そして、相次ぐ中国公船の侵入について、東海大学の山田吉彦教授は、「去年、日本のEEZ(排他的経済水域)内に、中国の漁船団がすでに侵入している。今回の領海侵入は、さらに中国の海洋支配の影響力を示していく狙いがある」と分析している。

中国の目的は、日本の領海に入ることによって、ここは我々の海だという規制事実を作ることである。このままいけば、日本の海(領土)は中国に盗られてしまう。日本の領海内に入る中国船は、今後、全て沈めた方がいいだろう。

スポンサーリンク

フォローする